日本サード・パーティ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 豊、以下:JTP)は、ITスキルアセスメント「GAIT」(ゲイト、以下:GAIT)が、ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、以下:ソフトバンク)でエンジニアを始めとする社員に対し実施されたことをお知らせします。
エンジニアの育成施策を検討するにあたり、ITスキルを測定することを実施の目的としています。

2017年から2018年にかけ受験した今回のGAIT導入は、JTPが提供したGAITの企業内受験としては、最大規模の実施となります。

GAITは、エンジニアのスキルを定量的に把握(可視化)することができるアセスメントツールです。

ITエンジニアの人材不足が叫ばれる中、企業においては、採用、育成、配置、評価など数々の人事施策において、その効率化が求められています。また、より効果的な人事施策の実現のため、経営よりの戦略人事が必要となるといわれています。

その中で、GAITのアセスメントによる人材の可視化は、価値あるデータになると注目をされています。

JTPでは、引き続き、ITエンジニアの育成を始めとする人事施策ソリューションやサービスの開発を通し、貢献をしてまいります。

 

■ITスキルアセスメント「GAIT」について
GAIT(Global Assessment of Information Technology)は、日本サード・パーティ株式会社により開発され、2012年より提供されています。
7つ分野(データベース、OS、アプリケーション、ストレージ、セキュリティ、ネットワーク、仮想化)のスキルを一つの試験で受験することができ、990点満点の点数で、分野別にスキルを可視化することができます。

 

GAITについては詳しくは下記をご覧ください。
https://www.gait.org/

JTPのGAITを始めとするサービスにつきましては、下記をご覧ください。
https://edu.jtp.co.jp/

 

jtp-en-gait-logo

ITスキルアセスメント「GAIT」

 

GAIT_score_report

GAITスコアレポートのイメージ

 

■本リリースに関するお問い合わせ先

日本サード・パーティ株式会社 コーポレートコミュニケーション室
TEL:03-6408-1688 FAX:03-6859-4797
E-mail:pr@jtp.co.jp