GAITは、ITエンジニアに必要なスキル要件の把握、学習の達成度の評価、人事採用や人材育成などに活用されています

GAIT(Global Assessment of Information Technology)は、ITエンジニアのスキルを、定量的に可視化するための、アセスメントツールです。アセスメントの内容は、最新の技術動向を反映するために、定期的ににアップデートされており、ITエンジニアに、今、必要とされる複数の技術分野から幅広く出題されます。アセスメントの結果は、スコレポートとして可視化され、フィールドごとカテゴリごとに得意・不得意分野を明確に把握することができ、今後のスキルアップの指標として活用することができます。アセスメントは、Webから実施することができ、個人だけでなく、部門単位、チーム単位などで利用することができます。

GAIT

GAITの概要

 

ITスキルを定量的に可視化

エンジニアのITスキルを、フィールドごと、カテゴリごとにスコアによって定量的に可視化することができるため、客観的な評価が可能です。

 

幅広い出題範囲

DB、OS、アプリケーションから、ストレージ、セキュリティ、ネットワーク、仮想化など、複数の分野から幅広く出題されます。

 

スコアレポートを提供

アセスメント実施後には、フィールドやカテゴリごとのスコアと、全体のスコアバランスをレポートとして提供しています。

 

最新の技術動向を反映

アセスメントの内容は、最新の技術動向を反映するために、定期的にアップデートされており、今、必要とされるITスキルを、可視化できるようになっています。

 

Webから受験できる

アセスメントは、Web経由で提供されており、インターネット回線とWebブラウザだけですぐに実施することができます。

ITスキルのアセスメントツール GAIT

GAITのアセスメントの詳細や、試験問題サンプル、受験方法、スコアサマリー、企業における導入事例などは、GAIT公式サイトをご覧ください。

GAITの公式サイトへ