Learning Booster とは

Learning Booster とは

Learning Boosterは、従来の画一的な学習手法を刷新し、
場所や時間に縛られることなく自律的に学び続けられる仕組みと環境を組織に提供します。


Learning Boosterを実現するサービス

セルフラーニングサービス

セルフラーニングサービス

複雑化する経営環境、多様化する顧客ニーズ、ビジネスサイクルの早期化により、組織や個人の持つスキルやノウハウの陳腐化が進んでいます。これにより、従来の集合研修を通じた学習だけでは十分に対応できず、学習コンテンツの継続的な刷新、そして、誰でもいつでも学べる環境の整備が必要になりました。セルフラーニングサービスでは、従来の手法に依存することなく、お客様に最適なツールと手法を組み合わせることで、個人の自律的な学習を支えるための仕組みを提供します。

 

コンテンツ配信サービス


 講師   設備


  • コンテンツ配信
  • 理解度テスト
  • アンケート収集
  • オンラインサポート
  • Liveフォロー会

 

コンテンツ作成支援サービス


 設備


  • コンテンツ作成支援
  • オンラインサポート支援
  • Liveフォロー会開催支援
  • 撮影編集スタジオの貸出
  • 撮影編集機材の貸出

 

セルフラボ作成配信サービス


 設備


  • セルフラボ作成
  • セルフラボ配信

バーチャルクラスルームサービス

バーチャルクラスルームサービス

雇用形態や勤務形態の多様化、テレワークの急速な普及により、場所に縛られない学習機会の提供が必要になりました。さらに、ビジネスサイクルの早期化は、スキルとノウハウの迅速なアップデートが求められるため、学習においてもアクセス性の高さやリアルタイム性が非常に重要になっています。バーチャルクラスルームサービスでは、デジタルコンテンツの提供、リモートに最適化された学習進捗の可視化やインタラクティブなコミュニケーションにより、場所そして利用するデバイスに依存しない学習機会を提供します。

 

ライブ配信トレーニング


 講師   設備


  • ライブ配信トレーニング
  • クラウド演習環境提供

 

ライブ配信トレーニング環境構築支援


 設備


  • ライブ配信支援
  • クラウド演習環境構築支援

 

ラーニングスペース貸出


 場所


  • 学習場所のご提供

Learning Booster 活用による
ベネフィット

 

組織全体の競争力向上

自律的に学び続ける組織に変革することで、テクノロジーや時代とともに非連続に変化する業務内容や必要なスキルを迅速にキャッチアップ。多様化する顧客ニーズに応えつつ、新規事業を創出し、組織全体の競争力を向上します。

 

働き方改革/テレワークの実現

場所や時間、利用するデバイスに依存しない学習の仕組みにより、多様な働き方や雇用形態のスタッフの個別のニーズを吸収し、働き方改革を実現します。また、どこからでも学べる仕組みにより、事業継続性としてのテレワークの推進をサポートします。

 

組織文化の改善とロイヤルティ向上

学習機会を増やすことで共に学び合う文化を育み、従業員のロイヤリティが向上。人材開発の効率化や技術習得の早期化だけではなく、従業員に対するリテンション施策としての効果も期待でき、人材流出リスクを抑えることができます。

 

投資対効果の最大化

仕組み全体のデジタル化により、企画からコンテンツ制作、迅速な展開そして育成状況の進捗の可視化、さらにはデータ分析を活用したさらなる施策の考案など、人材育成に対する投資対効果を最大化します。

ユースケース

人材派遣事業者 – IT基礎研修 15日間

セルフラーニングコンテンツを中心としたオンラインでのエンジニア育成

課題: 派遣エンジニアの数が不足している

派遣ITエンジニアの育成とスキルアップの効率化を考える人材派遣事業者は、遠方在住や勤務中により集合研修に参加できないITエンジニア志望者向けにオンラインでセルフラーニングコンテンツを提供。オンラインサポートと組み合わせることで受講者のモチベーションを維持。理解度チェックや演習により技術定着を図り、集合研修と同等の品質を担保しています。

外資系ソフトウェアベンダー – Linux系研修 10日間

どこからでも利用できるセルフラボ環境による技術定着促進

課題: 研修後に実機を触れる機会がなく技術が定着しない

自社が提供する製品やソリューションのトレーニングを行う中で、技術定着に課題を抱えていた外資系ソフトウェアベンダーは、どこからでも利用可能な自社製品のセルフラボをクラウド環境に構築し、既存の研修受講者に実機での演習機会を提供。オンラインサポートや理解度チェックと組み合わせることで、効果的な技術定着を実現しています。

業務アプリケーションベンダー – 製品研修 3日間

ライブ配信トレーニングでパートナー各社のエンジニア育成

課題: 自社製品のエンジニア育成の早期化・効率化

業務系の基盤製品や関連アプリケーションを提供する事業者は、自社製品の販売パートナーや構築パートナー各社のエンジニアの技術定着に課題を抱えていました。そのため、ライブ配信による演習トレーニングを定期的に実施することで、遠方のパートナー各社のエンジニアのフォローアップも実施。効果的な技術定着および自社製品のエンジニア育成を実現しています。

通信事業者 – ネットワーク系製品研修

演習環境のクラウド化で研修開催を効率化

課題: 演習用ラボ環境の物理的機材の準備やメンテナンスが負担

自社の中堅ITエンジニアのスキルアップ推進している通信事業者は、オンプレミスで演習環境を運用していましたが、テクノロジーのライフサイクルの早期化もあり、保守やコストに要するコスト増が課題になっていました。必要な時に必要な分だけ利用できるセルフラボをクラウド環境に構築し、迅速かつ投資対効果の高いコンテンツ展開を実現。さらに、オンラインサポートと組み合わせることで、ラボ環境の演習後の技術定着を実現しています。

システムインテグレーター – IT基礎研修 10日間

新人研修のリモート受講による研修成果の可視化や受講者のモチベーション向上

課題: 社会情勢などを踏まえた新しい研修手法を模索している

新入社員向けの集合研修の投資対効果に課題を抱えていたシステムインテグレーターは、働き方改革、さらには、事業継続性としてのテレワークの推進により、研修のリモート受講を決断。どこからでも参加できるデジタルプラットフォームを活用することで、研修成果の可視化を含めた効率的な研修を実現。さらに、インタラクティブなコミュケーションにより受講者のモチベーション向上を実現しました。

JTPの強み

 

社内研修支援のための
包括的なソリューションの提供

研修の企画からコンサルティング、教材制作や教材制作ガイドライン・フローの策定、動画コンテンツの制作、講師育成や講師派遣など、社内研修支援に関する包括的なソリューションを提供しています。

 

スキルアセスメントの提供と導入実績

JTPは、ITスキルアセスメントツール「GAIT」や人財分析個人カルテ「パーソナルアジェンダ®」の導入と、これらアセスメントデータと連携した人材育成計画の立案や実際の研修の実施の実績があります。

 

テクノロジー活用の推進

JTPには、ITインフラストラクチャの分野において豊富な実績があり、人事領域における新しいITサービスやプラットフォームの導入や活用、既存のシステムやデータとの連携など、テクノロジーの活用を推進します。

 お問い合わせ

 お問い合わせはこちら

人材育成については
こちらからお問い合わせください。

資料ダウンロード

 資料ダウンロードはこちら

人材育成に関する資料を提供しています。

 お電話でのお問い合わせ

03-6408-2488

日本サード・パーティ株式会社 マーケティング室