あなたの代わりになる。
人と人をつなぐコミュニケーションロボット。

OriHime(オリヒメ)はオリィ研究所が開発したコミュニケーションロボットです。OriHimeは他のロボットと違い、人とロボットではなく、人と人のコミュニケーションを促進させるためのロボットです。スマートフォンやタブレット用に用意されたアプリケーションを介してOriHimeの視点に立つことができ、OriHimeを介して遠隔地にいる人に声や感情、動きや想いを伝えることができます。 JTPはOriHimeを通してテレワークの推進や遠隔地で離れて過ごす家族を繋げるサポートをします。

OriHimeの特長

 

コミュニケーション

頭部のカメラで撮影した映像をリアルタイムにスマートフォンのアプリケーションを通じて見ることができます。また、OriHimeに事前設定されたポーズを利用することで、体全体を用いた感情表現をすることができ、相手との深いコミュニケーションを築くことが可能です。

 

ビジネス

テレワークの導入を検討する企業にとって、OriHimeを導入することは、それを推進するための最高の選択です。企業がテレワークの導入を躊躇する理由は、従業員との意思疎通が図りにくくなるなど多岐にわたりますが、OriHimeはそれらの大部分を解決します。

ユースケース

アプリケーション開発会社

アプリケーション開発は昨今の開発技術の進歩により、どこにいても行えるようになりました。しかしまだ多くの企業では開発者がオフィスに出社し、開発作業を行っています。OriHimeを使用したテレワークを導入することによって、自宅での作業が可能になり、従業員の満足度の向上、離職率の低下、生産性の向上を見込むことが可能です。

医療

病院での入院中は様々な人からのサポートが必要不可欠です。OriHimeを導入することにより、面会できない時間帯でもOriHimeを通じて様々な人から会話を通じたサポートを受けることが可能です。電話では伝えられない身振り手振りを、OriHimeならば本人が目の前にいるかのように伝えられます。

介護

離れて暮らす家族からの会話を通じた介護サポートを受けることが出来ます。介護施設に入居されている方も、自宅にいるかのようにいつでも家族とのコミュニケーションをとることが可能です。

イベント

OriHimeを導入することにより、遠隔地からのイベント参加が可能になります。海外で行われた知人の結婚式に参加したり、どうしても行きたかったイベント等にも自宅にいながら、その場にいるかのように参加することが出来ます。

OriHimeのスペック

寸法: 高さ:21.5cm 幅:15cm 奥行き:23cm
重量: 0.6kg
頭部にカメラ、マイク、スピーカーを装備し、外部マイクの接続も可能です。
ACアダプタによる給電が必要になります。内蔵バッテリーはありません。

OriHimeの価格とサポート

月額 ¥30,000(税別)

  • レンタルのみのご利用となります。(最短レンタル契約期間:12か月)
  • オプションやサポートにつきましてはお問い合わせください。

お問い合わせ/資料請求

お問い合わせ/資料請求

OriHimeに関するご相談はこちらからお問い合わせください。

 お電話でのお問い合わせ

03-6408-2488

日本サード・パーティ株式会社 マーケティング室