品川 高輪口 ランチスポット5選(タガログ)

品川 高輪口 ランチスポット5選(タガログ)

2015.10.07

同じ品川でも高輪口と港南口では、お店の雰囲気も数もまったく異なります。御殿山トレーニングセンタに来てお昼を食べる場所に悩んでいる受講者のみなさま、好みに偏りがありますが、こちらをぜひ参考にしてください。

1. サルマ ティッカアンドビリヤニ(SALMA Tikka & Biryani)

URL(食べログ): http://tabelog.com/tokyo/A1314/A131403/13037862/

インドカレーのお店です。

私はいつも食べログのクーポンを見せて、食べ放題+ドリンク付きで 1,030円 くらいのメニューを注文します。そんなにたくさん量を食べない女子だったとしても、損した感はありません。それくらい、種類も豊富で、そしておいしいです。

サラダと、カレー3種、タンドリーチキン他と、ナンを堪能できます。ナンは焼きたてをテーブルに持ってきてくれます。個人的には、ゆでたまごの入っているカレーのある日に行くと、「当たり!」とテンションが上がります♪さらに、少しパクチーの入っているカレーがあることもあり、そんなときはついパクチーを意識的に多めに盛ってしまいます。

注) 筆者はパクチーを愛してやみません。そのため、みんなもパクチー当然好きだよね!という前提で基本書きますが、念のため、パクチーが苦手な人もいることを配慮してご紹介するようにします。

というわけで、パクチーが苦手な方は、パクチーを避けてお皿に盛る、もしくはそのカレーを避けるのがベターでしょう。パクチーのないカレーが1つもない日も(残念ながら)もちろんあります。
飲み物は、私はいつもチャイにしています。ここのチャイはきちんとスパイスの香りと味を感じることができる、おいしいチャイです。ついお砂糖を入れてしまいます。

このお店に行かれる受講者の方への注意としては、食べ過ぎないことです。食べ過ぎると、午後眠くなります・・・。

2. 和食・酒 えん 品川ウィング高輪店

URL(食べログ): http://tabelog.com/tokyo/A1314/A131403/13140044/

どちらかと言うと夜宴会をするのに使うお店かもしれませんが、ランチセットが充実しています。日替わりはお肉かお魚を選ぶことができ、毎回迷います。今回、私はメヌケというお魚の揚げ浸しにしました。ちなみに、いっしょに行った先輩は、厚切り豚肉の生姜焼きを注文。

ここのランチの素晴らしいところは、おかずがおいしいこともさながら、小鉢が多く、いろいろな品目を摂取することができるところです。今回は残念ながらありませんでしたが、私の愛してやまない温泉卵が普段ついていることが多いです。また、ご飯とお味噌汁がおかわり自由で、お味噌汁は赤だしです。お味噌汁だけは毎回おかわりしてしまいます。

全体的にあっさりさっぱりいただくことができ、バランスよく食事をとることができます。栄養が何か偏っているな、胃が疲れ気味かな・・・という方にはオススメのランチです。

魚定食

肉定食

 

3 マンゴツリーカフェ + バー ウィング高輪WEST (mango tree café + bar)

URL(食べログ): http://tabelog.com/tokyo/A1314/A131403/13146551/

高輪口を出て、横断歩道を渡ったすぐのところにある、オープンテラス付きのお店です。日本である程度タイ料理を食べている方にとっては、言わずと知れたマンゴーツリーです。

私はいつも、トムヤンクンヌードルセット980円を注文します。前菜がカフェっぽく、サラダ、たまごスープとあともう一品ちんまりとついて、最後に紅茶かオーガニックコーヒー(Hot/Ice)がついてきます。アイスティーはおいしいアールグレーです。が、冷え性の私は夏でもコーヒーか紅茶を注文します。コーヒーもおいしいです。

トムヤンクンヌードルは、現地で食べるものに比べれば日本人好みの味付けにされてはいますが、すっぱ辛い感を十分に味わうことができます。たまに、日本のお店ではトムヤンクンにしめじやマッシュルームが入っていることがありますが、そこはマンゴーツリー、ちゃんとフクロダケが入っています。

パクチーとライムが別の小皿でついてくるので、筆者は、もちろん両方入れます。ライムは後半に入れるようにして、“二度おいしい”を堪能します。パクチーが別皿でついてくる理由を、筆者は、最初に投入した味しみしみと、入れたての歯ごたえありと2パターン楽しめるからだと思っていたのですが、パクチー嫌いの同僚に、それは入れない人のためだと言われました。なるほど。

また、喫煙席ではあるものの(筆者は非喫煙者)、外で食べると、駅前にも関わらずなかなかの開放感があり、外の風を感じながら食事をすることができます。大きなスピーカーから流れる音楽が、どこかのリゾートに来た感を演出してくれているのかもしれません。

※ 2015/9/25 訪問時は、エビではなくカニに変わっていました。

トムヤンクンヌードル

いっしょに行った先輩がオーダーしたガパオ

ティーハウス マユール 五反田店(Tea House Mayoor)

URL(食べログ): http://tabelog.com/tokyo/A1316/A131604/13014137/

トレーニングセンタから五反田方面に少し歩いたところにある、紅茶で有名なお店ですが、ランチにはカレーかサンドイッチ系のものを食べることができます。筆者はいつも、ここではカレーを食べます。先ほどカレーをすでにご紹介しましたが、決して私はカレー好きというわけではありません。むしろ、お昼にカレーを食べた午後は、何となく夕方になってもずっとカレーの後味が口の中に残る気がして、優先度を低めるくらいです。

が、ここのカレーは、存在感のあるスパイスの味と香りは感じられながらも、とても上品で、さらっといただけてしまうカレーです。このさらさら感はスープカレーに近いです。このお店はナンではなく、縦長のインディカ米がカレーとは別でついてくるので、このご飯にカレーをかけながら、いただきます。ちなみに、ここのカレーにもわずかながらパクチーが入っています。私にとっては、入っていないのとほぼ等しい量ですが、入っています。

カレーを食べ終えたら、ランチプレートについている紅茶のゼリーをいただきます。これがまた清涼感があっておいしい!そして、食後にランチセットのドリンクがついてきます。私はいつも100円多く払って、通常の紅茶をマサラチャイにグレードアップしています。さすが紅茶のお店、おいしいのです!2テーブル限定ですが、サンルームのような席に座ると外の景色が良く見えて、ちょっとした気分転換になります。

5. アタボーラ(a Tavola)

URL(食べログ): http://tabelog.com/tokyo/A1314/A131403/13137039/

最後は、残念ながらパクチーは入っていない、洋食ランチです。本当は私の隠れ家なので教えたくないのですが…ご紹介してしまいます!

夜は小皿&ワインを楽しめるお店ですが、ランチタイムも営業しており、2種類から選べるようになっています。この日、私はミネストローネを選択しましたが、カツとか、お魚のフライとか、シチューとか、行くたびにメニューは異なります。

ランチプレートにはだいたい、シャキシャキレタスの野菜サラダとポテトサラダ系のものと、おかずとご飯がのっていて800円です。少なそうに見えますが、食べると意外にちょうど良いボリュームです。

このお店のポイントは、おいしいことはもちろん、女子は一瞬たじろぐような雑居ビルの中に入っているためか、一度店内に入ると、とにかく落ち着くのです・・・行けばこの意味が分かります。お店の方の癒し系キャラクターな雰囲気もあるのかもしれません。コーヒーを飲みたい方は、200円でエスプレッソがあります(筆者は胃弱のため、飲んだことがありません)。夜は夜でおいしいお酒とお料理を心地よい空間で楽しむことができるのでオススメです。

以上、いかがでしたでしょうか。行ってみたいと思うお店があれば幸いです。次回をお楽しみに!

記事は、予告なく変更または削除される場合があります。
記載された情報は、執筆・公開された時点のものであり、予告なく変更されている場合があります。
また、社名、製品名、サービス名などは、各社の商標または登録商標の場合があります。