「提案力」についてちょっと考えてみました。

「提案力」についてちょっと考えてみました。

営業は提案力が大事だ! なんて言葉をネットサーフィンしているときに見かけました。これ自体は結構色々なところで言われていますが、営業に限った話でもないなと思い、営業ではない私が「提案力」について昔を思い出しながら少し考えてみました。

1年目に言われた言葉

入社してまもなく、会社の偉い人からこんなことを言われました。

「新人の何も染まっていない柔軟な価値観で、何でも提案してきてください」

この言葉を聞いた私は、2つのことを思いました。

新人の意見もちゃんと聞いてくれるんだ! ということと、
何でも提案って、何も知らない私たちがして本当にいいのかな。 ということ。

当時は(今も?)、古い価値観は必要に応じて壊して良いという風土が強くありました。
下からの意見に耳を傾ける姿勢があった、と言うことではあるのかもしれませんが、ただ、「先輩に追いつけ追い越せ」と思っていた私にとっては、新鮮な考えだったのと共に、少し戸惑ったことを覚えています。

提案するって…

でも、いざ 「何か提案しよう!」 と考えても、じゃあ何を言えばいいんだろう…? って悩んでしまうこともしばしばありますよね。グループの話し合いの最中に周りに意見を求めたときに、「提案することがない」なんて言葉を返されてしまうこともあります。提案するには 提案する「何か」 が思いつかないと、提案できません。
さらに、「何でも」なんて言われたら、まず「何に対して」から自分で見つけなくてはいけません。提案することへのハードルが一気に上がります。

提案をする には、まず、現状を把握すること が不可欠です。

今、どのような状態なのか。現状を把握して、良い点、改善が必要な点 が何であるかを考えます。何か提案したい! と思うと、周りをみるアンテナが強くなります。そして、「改善が必要」と思ったことに対して、「ではどうしたらいいのだろう」 と考えて 「提案」 を出していくわけです。

SuggestとPropose

ちょっと話は変わりますが、「提案」 という言葉を調べて行くと、2つの英単語が出てきます。
“Suggest” と “Propose” です。2つとも提案するという意味合いを持つ単語ですが、語源に違い があります。

Suggest は
sub-(下から) gest(運ぶ)

Propose は
pro-(前に) pos(置く)

ネイティブの方が普段どう使っているかはともかくとして、一言で提案と言っても「~してみてはどうですか」という 控えめな提案 と、「~すべきです」 という 積極的な提案 があって、TPOも踏まえた上でどのような形で提案するかも大事になってくるのかな、と思えます。

昔話に戻りましょう

「何でも提案して」と言われた1年目。

業務の中で日々 「こうしたほうがいい」「ああしたほうがいい」 と色々話してはいましたが、しっかり 文書化 して提示したもので記憶に残っているものがあります。それは、ある研修を受けての提案です(はるか昔のことで、いろいろ忘れているだけかもしれませんが・・・)。

当時、同期と先輩とで、ある社外研修を受講し、そのときの経験を元に 業務の改善案を提案 しました。結果は、理解はしてもらえたものの、その提案がちゃんと採用されたわけではありませんでした。

なぜ採用されなかったのか、今になって思えばいくつか考えられることがあります。

自分たちの視点が強く、周りの視点が欠けていた

「顧客ニーズを把握する」 ってよく言いますよね。同じ業務をやっている他の人たちの意見をきく、と言うことがまずはできていなかったのだと思います。

提案した内容に向けての実現案が弱かった

言いたいことは分かる、問題視していることも分かる、そうしたほうがいいことも分かる、でも、どうやってそこまで実現させるの? っていうところまで行き着かなかった、と言うところです。

「提案力」の要素 は様々だと思いますが、ポイントとして 「ニーズを把握する」 というところと 「実現性」 があると思います。大規模提案になれば色々な人との協力も必要ですし、知識も必要です。

私も普段、研修の運営を担当している傍ら、新しい研修の立ち上げを考えることが多々あります。そんなときは、お客様が求めているものは何か をヒアリングしたり、日々の生活の中での気づき を取り入れてみたり、その 具体案を考えてみたり と、試行錯誤の日々です。

また、状況によって自分たちの提案を強く訴えてみたり、少しお伺いを立てながらにしてみたり、どう提案すべきなのか も、その提案が通るかどうかの鍵を握っていたりします。

一口に提案といっても、普段何気なく話の中でしている程度のもの、プレゼンテーションまで用意してしっかり提案するもの、様々あると思いますが、提案そのものが持つ力にプラスして、更にもう少し補える力はなにか、ちょっと考えてみると、もう少し提案が通りやすくなるかもしれません。

記事は、予告なく変更または削除される場合があります。
記載された情報は、執筆・公開された時点のものであり、予告なく変更されている場合があります。
また、社名、製品名、サービス名などは、各社の商標または登録商標の場合があります。