これだけは押さえたい!決算ってなに?

これだけは押さえたい!決算ってなに?

2016.08.10

ERPを扱うにあたって、知っておいた方がいい会計の話。 今回は、決算についてご紹介していきます。

前回の復習(固定資産と減価償却)

まずは、前回ご紹介した、固定資産および減価償却 について振り返っていきましょう。

固定資産とは、販売目的ではなく、かつ継続的に会社で使用することを目的としている資産のことを言います。

固定資産

固定資産は、以下のような三つの区分があります。

  • 有形固定資産
  • 無形固定資産
  • 投資その他

固定資産の大きな特徴として、減価償却という考え方があります。
固定資産は、時間の経過と共に価値が減少していくので、簿記ではこの価値の減少を明らかにするために、価値の減少分の金額を費用として計上します。これが減価償却というものです。

減価償却の計算方法

この減価償却の計算方法として代表的なものに、定額法 と 定率法 というものがあります。

定額法 とは 固定資産の金額のうちの一定額を毎年償却していくもの で、もう一方の 定率法 とは減価償却額が一定の割合で減っていく方法です。

それでは今回のコラムでは、決算 についてご紹介していきます。

決算についてご紹介する前に、前提としてお話しておきたいのが、会計期間 というものです。

会計期間

会計期間 とは、財務諸表を作成するための時間的な区切り を意味しています。

企業が永続的に活動を行うためには、利益を出していかなければなりません。そのためにも企業自身の成果、成績を知ることがとても重要です。先のことを考えるためには、現状を知っておくことが必要不可欠です。

しかし、企業の活動は半永久的に続いていくものなので、企業の利益や現状を把握するためにも何らかの形で期間を区切る 必要があります。

こういった理由で、人為的に期間を区切って、その期間中の成績を計算することになっています。通常は一年間というように期間を区切って、その期間中での財政状態や経営成績を開示しているのです。

決算

ではここからが本題の 決算 についてです。

決算とは、会計期間中における収入や支出を計算し、その財政状況や経営成績などを明らかにする事 を言います。

株式会社は、上記のように財政状況及び経営成績を利害関係者に対して公表するために、財務諸表を作る義務があります。
日本の会計基準では、財務諸表は以下のものが含まれます。

財務課表

  • 貸借対照表(B/S):一定時点における企業の資産、負債及び資本の状態を示す計算表のこと。
  • 損益計算書(P/L):会計期間中の収益と費用を明らかにし、企業の経営成績を報告する計算書のこと。
  • キャッシュフロー計算書(C/F):会計期間における資金の増減、つまり収入と支出を開示する事で企業の支払能力の大きさを示すもの。
  • 株主資本等変動計算書(S/S):主に貸借対照表の純資産の部の変動状況を表すもの。

決算整理仕訳

毎日の取引をどんなに正確に処理していたとしても、ただ単に会計期間中の取引全てを集計してきただけでは、正確な財務諸表は作成できません。
決算期に金額の調整、修正をするための処理をしておく必要があり、この処理のことを 決算整理仕訳 といいます。

決算整理仕訳 の代表的な例として挙げられるのが、見越・繰延 です。

まだ入金はされていないけれど当期の収益にしなければいけない取引を計上したり(見越)、既に入金済みではあるけれども、当期の収益にはしない取引の修正(繰延)をしたり、といったものです。

前回ご紹介した固定資産の減価償却の計上もまた決算整理仕訳の一例です。

まとめ

今回は決算についてご紹介していきました。以下、簡単なまとめです。

  • 財務諸表作成のための、時間的な区切りのことを 会計期間 といいます。
  • 決算とは、会計期間中における収入や支出を計算し、その 財政状況や経営成績などを明らかにする事 です。
  • 財務諸表を出す時には、ただ単に会計期間中の取引を集計しただけでは正確な財務諸表は出せません。決算整理仕訳 を行い、金額の調整、修正をする必要があります。

いかがでしたでしょうか。今回は決算について簡単にご紹介しました。次回のコラムもお楽しみに。

記事は、予告なく変更または削除される場合があります。
記載された情報は、執筆・公開された時点のものであり、予告なく変更されている場合があります。
また、社名、製品名、サービス名などは、各社の商標または登録商標の場合があります。