私の見てきたコンピュータの歴史(1) UNIVACとCDC Cyber/CDC Star

私の見てきたコンピュータの歴史(1) UNIVACとCDC Cyber/CDC Star

2017.01.25

現在はご縁があってERPシステム関連に従事しておりますが、前職では科学計算領域で、当時としては最新の様々なコンピュータを30年近く使用してきました。 懐かしのコンピュータを、いくつか振り返ってみたいと思います。

UNIVAC Vanguardおよび1100/80

私が初めて利用したコンピュータが UNIVAC (ユニバック)でした。UNIVACとは、UNIVersal Automatic Computer の略で、当時は商用コンピュータとして金融業界等で利用されていました。あまりにも昔のため定かではありませんが、確か Vanguard と1100/80という機種を使用していたと思います。

大学では原子力工学を専攻しており、中性子輸送計算用モンテカルロコードでシュミレーションを行っておりました。プログラム言語は、初めての高水準言語で科学技術計算用の Fortran でコーディングされていました。最適化コンパイラが初めて提供され様々なチューニング等を行いましたが、まだまだ処理速度が遅く、1つの計算が数日におよぶ ような時代でした。
入力は パンチカード で行い、カードリーダから読み込んで処理を行っていました。数千枚のカードと磁気テープは持ち運びが大変で、カードを床に落としたりすると大変でした。
私がまだ子供だった時代に「ウルトラセブン」という番組がありましたが、ウルトラ警備隊の本部のシーンで登場していたコンピュータがUNIVACだったようです。

UNIVAC Vanguardのコンソールおよびテープ装置

出典:http://www.kcg.ac.jp/museum/computer/mainframe_computers/univac.html

CDC Cyber176

大学を卒業し、社会人となりコンピュータメーカーに入社しました。私が入社した当時のコンピュータ主要企業は 8社( UNIVAC、バロース、SDS、CDC、GE、RCA、ハネウェル、IBM ) あり 「IBMと7人の小人達」 と称されていました。その後、バロース、UNIVAC、NCR、CDC、ハネウェルだけが メインフレームを製造 するようになり、その頭文字から 「B.U.N.C.H」 とも呼ばれていました。

私はアプリケーションサポートのコンサルタントとして、核燃料や放射線遮蔽の原子力関連のアプリケーション(ANISN、DOTなど)の受託計算・お客様の支援を行っていました。当時は「リモートコンピュティングサービス」と呼んでいましたが、現在だと 「アプリケーションサービスプロバイダ」 に相当すると思います。

コンピュータは CDC Cyber176 を利用していました。当時はメインメモリに 「磁気コアメモリ」 というものが使用されていました。工場で労働者が手作業で小さなドーナツ状のフェライトコアをケーブルに通して、気の遠くなるような作業で作成していたようです。メモリ内容をダンプしたファイルを コアダンプ と言いますが、これは当時の名残のようです。

アーキテクチャは非常にユニークで、60ビットの固定長の ワードマシン でした。メインメモリーが256Kワード、拡張メモリ(ECS:Extended Core Storage)が 2M ワードという構成です。通常のコーディングでは拡張メモリを使用することができず、テーブルごとにプログラムで設定を行う必要があったため、アプリケーションの移植作業に手間取った記憶があります。そこそこの処理能力があったように思われます。

入社当時はラインエディタでしたが、確か1980年代後半に スクリーンエディタ が使用できるようになりました。

CDC Cyber シリーズ

出典:http://members.iinet.net.au/~tom-hunter/photos.html

磁気コアメモリ

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/磁気コアメモリ

CDC Star100

また、数値演算性能を向上させるために ベクトルプロセッサ を使用した STAR-100 を多少利用しました。STARシリーズでは、従来機種と異なり 64ビットアーキテクチャ が採用されました。パイプライン処理の導入で複数のデータを並行して処理できるようになり大量のデータを効率的に処理できるアーキテクチャです。
ただパイプライン処理の立ち上がりに時間がかかり、アプリケーションの移植作業では性能を引き出すことが難しく苦労した思い出があります…。

今回はこれくらいで…

以上、「私の見てきたコンピュータの歴史」としまして、大学~社会人初期に経 験してきたコンピュータについてご紹介をしてみました。きっと懐かしんでもら えた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

次回は、汎用機、各種スーパーコンピュータなどを振り返ってみたいと思います。

記事は、予告なく変更または削除される場合があります。
記載された情報は、執筆・公開された時点のものであり、予告なく変更されている場合があります。
また、社名、製品名、サービス名などは、各社の商標または登録商標の場合があります。