現地から最新情報をレポート!AWS re:Invent 2019② Keynote ~変革~

現地から最新情報をレポート!AWS re:Invent 2019② Keynote ~変革~

アメリカ ラスベガスで開催中のAWS re:Invent 2019。前回に引き続きレポートを行っていきます。今回はAndy Jassy氏のKeynoteの発表内容、特に新サービスの発表を中心にお届けしたいと思います。

Keynote (Amazon Web Services CEO Andy Jassy氏)

2日目(現地時間 12月3日 08:00~)に開催されたのは、Amazon Web ServicesのCEO・Andy Jassy氏のKeynoteです。

Andy Jassy氏のKeynoteのテーマは、「Transformation(変革)」です。

Transformation、変革

“Don’t want to wait ‘till tomorrow why put it off another day
明日まで待ちたくない、なぜ次の日まで放っておくんだ”

VanHalenの「Right Now」の歌詞を引用し、このように「Transformation (変革)」を表現し、「Transformation (変革)を恐れ、待つ必要はない」と、変革に必要な4つの事項について提言されました。

  • Senior leadership team conviction and alignment.
  • Top-down aggressive goals.
  • Train your builders.
  • Don’t let paralysis stop you before you start.

実現するにはまず、一番最初には技術ではなくリーダシップが必要になり、そして上層部に直訴し、納得を得た上で変革を起こし、そしてトップダウンでゴールを打ち出す。また、日々新しい技術が展開されていく中で、それを追っていくための開発者(ビルダー)のトレーニングも必要になります。

また、実行する前に「組織の麻痺状態」を解決する必要があると提言されていました。「Transformation(変革) ということを躊躇すると思うが、実現した際に仕事がどのように変わるのかを想像してみてください」と話され、また、最後には「 “Here to help you build.” AWSはTransformation(変革)を支援していきます。」と話され、Keynoteが終了しました。

新しく発表されたサービス

AWSと言えばやはり気になるのがサービスの動向。今回も多くのサービスが新しく発表されました。

以下、発表された順番にご紹介し、特にチェックしたほうが良いと思われるものに「★」マークをつけています。

  1. M6g, R6g, C6g Instances for EC2 ★
  2. inf1 Instances for EC2
  3. Amazon Fargate for Amazon EKS ★
  4. Amazon S3 Access Points
  5. Amazon Redshift RA3 Instances with Maneged Storage
  6. AQUA(Advanced Query Accelerator) for Amazon Redshift
  7. UltraWarm
  8. Amazon Managed (Apache) Cassandra Service
  9. Amazon SageMaker Studio ★
  10. Amazon SageMaker Notebooks
  11. Amazon SageMaker Experiment
  12. Amazon SageMaker Debugger
  13. Amazon SageMaker Model Monitor
  14. Amazon SageMaker Autopilot
  15. Amazon Fraud Detector ★
  16. Amazon CodeGuru ★
  17. Contact Lens for Amazon Connect
  18. Amazon Kendra
  19. AWS Outposts
  20. AWS Local Zones ★
  21. AWS Wavelength ★

1. M6g, R6g, C6g Instances for EC2 ★

発表されたインスタンスタイプは、ARM-Based CPUを使用しており、x86のプロセッサに比べて約40%も安くなります。M6gは既に使用できるようになっており、R6g, C6gについては近日中にリリースされるとのことです。

Announcing New Amazon EC2 M6g, C6g, and R6g Instances Powered by Next-Generation Arm-based AWS Graviton2 Processors | aws
https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2019/12/announcing-new-amazon-ec2-m6g-c6g-and-r6g-instances-powered-by-next-generation-arm-based-aws-graviton2-processors/

2. inf1 Instances for EC2

機械学習の推論アプリケーションで使用することを目的に、新しいインスタンスタイプのリリースが発表されました。

Amazon EC2 Inf1 Instances | aws
https://aws.amazon.com/jp/ec2/instance-types/inf1/

3. Amazon Fargate for Amazon EKS ★

AWSで、Kubernetesベースのアプリケーションを実行できるようになりました。マネージドサービスのため、自身でインフラの管理をする必要はなくなります。

Amazon EKS on AWS Fargate Now Generally Available | AWS News Blog
https://aws.amazon.com/jp/blogs/aws/amazon-eks-on-aws-fargate-now-generally-available/

4. Amazon S3 Access Points

S3に対して一意のホスト名を与えることにより、簡単にアクセスを制御できるようになりました。

Amazon S3 Access Points | aws
https://aws.amazon.com/jp/s3/features/access-points/

5. Amazon Redshift RA3 Instances with Maneged Storage

次世代のNitro搭載のインスタンスをリリースしました。他のクラウドサービスの約3倍のパフォーマンスを実現できるようです。

Amazon Redshift Update – Next-Generation Compute Instances and Managed, Analytics-Optimized Storage | aws
https://aws.amazon.com/jp/blogs/aws/amazon-redshift-update-next-generation-compute-instances-and-managed-analytics-optimized-storage/

6. AQUA(Advanced Query Accelerator) for Amazon Redshift

他のクラウドのデータシェアハウスよりも、最大10倍高速で実行できるハードウェアアクセラレーションキャッシュを発表しました。

Advanced Query Accelerator (AQUA) for Amazon Redshift is now Available for Preview | aws
https://pages.awscloud.com/AQUA_Preview.html

7. UltraWarm

低コストで、マネージドのElasticSearchを使用できるサービスです。これまで、長い期間のデータの保存には大幅にコストがかかっていましたが、UltraWarmによって費用対効果の高いストレージに保存することで、最大で90%のコストダウンができるようです。

Announcing UltraWarm (Preview) for Amazon Elasticsearch Service | AWS News Blog
https://aws.amazon.com/jp/blogs/aws/announcing-ultrawarm-preview-for-amazon-elasticsearch-service/

8. Amazon Managed (Apache) Cassandra Service

オープンソースのデータストア管理システムであるApache Cassandraが、マネージドサービスとしてリリースされました。

Amazon Managed Apache Cassandra Service | aws
https://aws.amazon.com/jp/mcs/

9. Amazon SageMaker Studio ★

機械学習向けの統合開発環境であるサービスです。コードの開発やデバッグ、監視などをグラフィカルに確認できます。

Amazon SageMaker Studio: The First Fully Integrated Development Environment For Machine Learning | AWS News Blog
https://aws.amazon.com/jp/blogs/aws/amazon-sagemaker-studio-the-first-fully-integrated-development-environment-for-machine-learning/

10. Amazon SageMaker Notebooks

機械学習において、1クリックでノートブックを立ち上げることができるサービスです。
(現在、Amazon公式のページは用意されていませんでした。)

11. Amazon SageMaker Experiments

機械学習において、できるだけ簡単にトレーニングジョブを作成するために、モデルの管理、比較、評価を実現します。

Amazon SageMaker Experiments – Organize, Track And Compare Your Machine Learning Trainings | AWS News Blog
https://aws.amazon.com/jp/blogs/aws/amazon-sagemaker-experiments-organize-track-and-compare-your-machine-learning-trainings/

12. Amazon SageMaker Debugger

機械学習のトレーニングジョブで、問題を素早く発見できるサービスです。

Amazon SageMaker Debugger – Debug Your Machine Learning Models
https://aws.amazon.com/jp/blogs/aws/amazon-sagemaker-debugger-debug-your-machine-learning-models/

13. Amazon SageMaker Model Monitor

機械学習において、コンセプトドリフト(故障パターンが時間とともに変化することにより、過去データに対して生成した機械学習モデルが、完全ではない可能性があること)が、どこにあるかを把握できるサービスです。

Amazon SageMaker Model Monitor – Fully Managed Automatic Monitoring For Your Machine Learning Models | AWS News Blog
https://aws.amazon.com/jp/blogs/aws/amazon-sagemaker-model-monitor-fully-managed-automatic-monitoring-for-your-machine-learning-models/

14. Amazon SageMaker Autopilot

機械学習のモデルを自動的に作成できるサービスです。

Amazon SageMaker Autopilot – Automatically Create High-Quality Machine Learning Models With Full Control And Visibility | AWS News Blog
https://aws.amazon.com/jp/blogs/aws/amazon-sagemaker-autopilot-fully-managed-automatic-machine-learning/

15. Amazon Fraud Detector ★

オンライン支払いや偽アカウントの作成などの不正を特定するマネージドサービスです。

Amazon Fraud Detector | aws
https://aws.amazon.com/jp/fraud-detector/

16. Amazon CodeGuru ★

機械学習を用いて、Amazon内部で蓄積されたソースデータを元に、開発者が作成したコードのコードレビューを行うサービスになります。AWS Best Practicesに測った適切な評価、並行処理の課題評価などについて自動コードレビューを行います。Amazon内部で実際に使用しCPUの使用率を大幅に削減する事に成功したと解説していました。

Amazon CodeGuru (Preview) | aws
https://aws.amazon.com/jp/codeguru/

17. Contact Lens for Amazon Connect

Amazon Connectで入力された顧客の音声データを分析できるサービスです。今まではAmazon ConnectからS3にデータをアウトプットした後にデータ解析をしていましたが、開発者は数クリックでその仕組みを実現できるようになりました。

Contact Lens for Amazon Connect (Preview) | AWS Contact Center
https://aws.amazon.com/jp/blogs/contact-center/announcing-contact-lens-for-amazon-connect-preview/

18. Amazon Kendra

クラウドサービスなどのファイルファイル共有システムやファイルシステム、SharePointなどのデータをインプットし、正確なエンタープライズ検索サービスを実現します。ソースコードを自身のサイトに貼り付けることで簡単に導入できます。

Amazon Kendra | aws
https://aws.amazon.com/jp/kendra/

19. AWS Outposts

AWSインフラをオンプレミスで実行できる仕組みで、サービス自体は昨年発表されましたが、一般提供することを発表いたしました。

AWS Outposts | aws
https://aws.amazon.com/jp/outposts/

20. AWS Local Zones ★

遅延を1ミリ秒以下に抑えたいワークロードをカバーするために、新しく「AWS Local Zones」が発表されました。ロサンゼルスで既にスタートしており、今後については別の都市部にも展開される予定になります。日本国内においてもレイテンシーが求められる通信・金融系で注目されるのではないかと考えます。

AWS Now Available from a Local Zone in Los Angeles | AWS News Blog
https://aws.amazon.com/jp/blogs/aws/aws-now-available-from-a-local-zone-in-los-angeles/

21. AWS Wavelength ★

5Gネットワークで、数ミリ秒のレイテンシーがあるアプリケーションを持つモバイル系のアプリケーションに使用できます。最初にパートナーとして通信企業のVerizon社と連携し、機能の提供に取り組んでいき、これから様々通信企業と連携を深めていくようです。日本では、KDDIの名前が上がっていました。

Announcing AWS Wavelength for delivering ultra-low latency applications for 5G | aws
https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2019/12/announcing-aws-wavelength-delivering-ultra-low-latency-applications-5g/

ゲストの登壇

今年は、以下の3名の方がゲストとして登場し、AWSをどのように使っているかなどを解説しました。

  • Goldman Sachs社 Charmain & CEO、David Soloman氏
    金融の分野において、量子コンピューティングを使用して金融ビジネスを提供するについて語られていました。
  • Cerner社 Chairman & CEO、Brent Shafer氏
    ヘルスケアの分野において、AWSの機械学習を実用し患者のデータの分析を行い、退院から再入院の軽減を行う事例が紹介されました。
  • Verizon社 Chairman & CEO、Hans Vestberg氏
    今後の5Gについての展開を話されており、既にAWS Wavelengthをシカゴのゲーム会社でプレビューされている状況だと話していました。

さいごに

今年の発表は機械学習に関するサービスの追加が多く、AWSが力を入れているように見受けられました。

特に「Amazon CodeGuru」は特に注目となるサービスだと考えられ、発表された際には会場内も盛り上がっていました。コードレビューは開発の工程上必要なものですが、レビュー担当の確認が遅くなり開発が進まない経験が良くあります。将来的にはサービスがさらにアップデートされ、レビュアーが必要なくなるかもしれません。

記事は、予告なく変更または削除される場合があります。
記載された情報は、執筆・公開された時点のものであり、予告なく変更されている場合があります。
また、社名、製品名、サービス名などは、各社の商標または登録商標の場合があります。