人材開発の新しいアプローチ

少子高齢化による労働人口の減少が進み、労働市場における安定的な人材確保が困難になる中、企業や組織の競争力を維持する手段として、人材開発のあり方が見直されています。また、働き方の多様化や人材の流動化が進むことで、従業員のロイヤルティ向上が重要な指標とされるようになり、流出を防ぐための施策として、継続的な学習機会の提供が求められるようになりました。その一方で、市場ニーズの多様化・複雑化、変化のスピードの高速化により、製品やサービスのライフサイクルが短期化しており、従来の研修やEラーニング、マニュアルだけでは、期待した成果を得ることが難しくなり、投資対効果が見合わなくなってきています。
このような背景の中、短時間で学習できる教材をクラウド上でライブラリ化し、モバイル デバイスから空き時間に手軽に利用することで学習の継続と知識の共有を促進する「マイクロラーニング」と呼ばれる人材開発の手法が注目されており、多くの企業や組織で導入が進んでいます。
JTPは、このマイクロラーニングの導入から運用において、コンサルテーション、戦略策定、コンテンツ企画、プラットフォームの選定、さらに、オフラインの研修と組み合わせた包括的なコース設計など、教育分野における豊富な実績を活かした幅広いサービスを提供しています。

人材開発の新しいアプローチ

マイクロラーニングとは

マイクロラーニングとは

マイクロラーニングとは、3分〜5分程度で学べる細分化された短時間の学習コンテンツを通して学び、学習効果を最大化する人材開発の手法です。PCだけでなく、スマートフォンやタブレットなどのモバイル デバイスから、学習者が自身のスキマ時間を使って、いつでも、どこからでも、集中力が持続する範囲内で効率的に学び、かつ、繰り返し同じ内容を学ぶことで学習の定着を促進できます。

育成とリテンションの重要性

2020年以降、世界の労働人口の構成は大きく変わり、ビジネスの大部分を担うのは、ミレニアル世代(1981年〜1996年生まれ)とデジタル・ネイティブ世代(1990年代後半〜2010年に生まれ)となります。これらの世代の企業や組織に対するロイヤルティは、「学習・成長機会」と言われています。また、減少する労働人口を補完するためには、シニア層の取り込みが避けられないとも言われており、この世代に対する再教育が必要になります。そのため、今後、企業や組織は、新しい世代とシニア層の両方を取り込むことができる新しいキャリアモデルの形成と人材開発の仕組み化に取り組まなければなりません。

詳しくは、「採用から育成&リテンションへ ~データで見るミレニアル世代以降の人材事情~」をご覧ください

育成とリテンションの重要性

人材開発における課題

企業や組織の人材開発の分野では、すでに確立された様々な方法論があり、多くのサービスやITプラットフォームが提供されています。しかし、その一方で、コンテンツの作成やデリバリー、継続的な学びを促進するような体系化、さらには、効果の可視化などにおいては、大規模な投資が必要となり、現実的には実現できないケースが多くなっています。

マイクロラーニングによる、新しい人材開発

このような人材開発を取り巻く環境の変化を受けて、継続的な学習の浸透や従業員のロイヤルティ向上、そしてこれら施策の投資対効果を最大化する新しいラーニング プラットフォームとして、今、「マイクロラーニング」と呼ばれる仕組みが注目されており、世界中の企業や組織で導入が始まっています。
マイクロラーニングによる、新しい人材開発

主な機能

  • コンテンツ作成
    ミニコース、動画、会議、文章、アンケート、質問、討論、写真画像、出席確認、試験、ミニゲーム、課題
  • コミュニケーション
    フォローアップ、フィードバック、チャット
  • 管理機能
    個人別の閲覧・学習状況やコメントのデータ管理、権限設定

マイクロラーニングでできること

ユースケース

JTPの強み

 

社内研修支援に関する包括的なソリューションの提供

研修の企画からコンサルティング、教材制作や教材制作ガイドライン・フローの策定、講師育成や講師派遣など、社内研修支援に関する包括的なソリューションを提供しています。
詳しくはこちら >>

 

アセスメントツールの提供

個人のビジネス/ヒューマンスキルの可視化、ITスキルの可視化など、様々なアセスメントツールを提供しており、これらツールと組み合わせた包括的な研修サービスを提供しています。

 

システム インテグレーション

ITインフラストラクチャの分野において豊富な実績があり、お客様の既存システムとの連携や、既存のデータの活用など、人材育成においても、新しいITプラットフォームの活用を支援します。

 お問い合わせ

 お問い合わせはこちら

マイクロラーニングについてはこちらからお問い合わせください。

 資料ダウンロード

 資料ダウンロードはこちら

サービスやソリューションの資料を提供しています。

 お電話でのお問い合わせ

03-6408-2488

日本サード・パーティ株式会社 マーケティング室