ビジネスのデジタル化とその持続をサポート

デジタルテクノロジーが、新しいビジネスを生み出し、私たちのライフスタイルを大きく変革している現在。多くの企業や組織が、生き残りをかけて、ビジネスのデジタル化に取り組んでいます。デジタルテクノロジーをビジネスに取り込むことで、既存のビジネスプロセスやビジネスモデルを刷新し、新たな価値の創出や成長の加速を目指しています。その一方で、日本国内では、少子高齢化による労働人口の減少と、それに伴う人材不足、多様で柔軟な働き方の実現などが社会課題となっており、企業や組織のあらゆる業務において、人的リソースの有効活用が求められています。
このような背景の中、ビジネスのデジタル化の推進や深刻な人材不足を補完するソリューションとして、RPA(Robotic Process Automation)が注目されており、多くの企業や組織で導入が進んでいます。
JTPでは、RPAの導入から運用について、導入前のコンサルテーションから、戦略やロードマップの策定、そして、実際の製品選定、実装、保守・運用、さらには、人材育成まで、ワンストップのサービスを通して、お客様のビジネスのデジタル化と、そのサステイナブルな運用をサポートします。

ビジネスのデジタル化とその持続をサポート

RPA(Robotic Process Automation)とは

RPA(Robotic Process Automation)とは

RPAは、「Robotic Process Automation=ロボットによるプロセス自動化」の略称であり、デジタルデータで処理でされる様々なオフィス業務を、ソフトウェア・ロボットによって自動化するという概念および、自動化を実現するソリューションのことを表します。「デジタルレイバー」や「仮想知的労働者」と呼ばれることがあり、反復性があり定量的でボリュームのある定型業務を、ソフトウェアによって自動化することで従業員の業務負担を軽減します。

RPAが適用される業務領域

RPAは、データの収集、入力、編集、転記、システム間の通信などの処理など、作業そのものに人による意思決定を必要としない定型業務を、ソフトウェアによって自動化します。そのため、財務会計、人事、調達、SCM、カスタマーサービスなどのバックオフィス業務をはじめ、データや処理結果の品質や信頼性が厳しく問われる業界のビジネスプロセスの自動化が最適です。

RPAが適用される業務領域

RPAが企業や組織にもたらすベネフィット

 

ワークフォースバリュー

人的リソースを単調なルーチンワークから、より創造的で付加価値の高い業務にシフトすることで、一人ひとりの社員のスキルや仕事に対する満足度を高め、企業や組織の競争力向上や成果の最大化に大きく貢献します。

 

コンプライアンス強化

自動化の実装と同時に、プロセスの標準化、データの正確性や品質の担保、プロセスの一元管理による監査性の向上により、内部統制の強化や、世界各国の様々な法規制に準拠したオペレーションを実現します。

 

カスタマーエクスペリエンス向上

コスト効率の改善によるサービス価格の最適化、顧客からのリクエストに対するリードタイムの短縮などにより、サービスレベルを高め、顧客満足度を大きく改善することができます。

RPAのこれからの進化

RPAは、ローカルのクライアントレベルのタスクの自動化からすぐに始めることができ、様々なシステムやネットワークを横断するワークフローを実装し、チームから事業部門、そして組織全体へと、その適用範囲を拡張することができます。現在のRPAは、定型業務の自動化が中心ですが、機械学習やAIとの連携を行うことで、自動化した業務の中から傾向を見つけ、RPAの活用を前提とした継続的な業務改善を行う「RPAファースト」、例外業務や非定型業務の自動化を行い、意思決定までを自動化する「フルオートメーション」に進化すると予想されています。
単に、従業員の業務を自動化し代替するのみならず、ビジネスのあり方自体を変革する「デジタルトランスフォーメーション」を実現します。
RPAのこれからの進化

RPA導入・運用支援におけるJTPの強み

 

最適なRPA製品の選定と提案

多種多様なRPA製品の中から、ベンダーニュートラルな立場で、お客様の要件に合った製品を選定、ご提案いたします。
製品取り扱い例:WinActor、BizRobo、UiPath、Blue Prism、Automation AnyWhere

 

設計・運用・保守の経験

JTPは、エンタープライズ向けITインフラストラクチャの導入から保守にいたるまで、ソフトウェア製品のテクニカルサービスにおける豊富な実績があります。詳しくはこちらをご覧ください。

 

ユーザートレーニング・内製化支援

RPA製品導入後、お客様の社内での持続可能な運用を行うための、担当者向けのユーザートレーニングやマニュアル作成をはじめとする内製化支援のサポートも可能です。

 

Third AIとの連携

最適なAI導入を実現するJTPのサービス「Third AI」との連携が可能で、将来的なAIとの連携を視野に入れたRPA活用のロードマップをご提案することができます。

RPAオペレーションセンター

JTPは、RPAを導入されたお客様向けに、運用におけるさらなる支援を行うため、様々なサポートサービスを提供しています。ロボットの構成管理やリモートからの構築支援から、テクニカルサポートや障害対応などを行います。また、導入製品のユーザー向けの技術トレーニングや、新たな戦略策定や迅速な拡張を支援するプロフェッショナルサービスを提供します。

サービスメニュー

  • ロボット稼働監視
  • ロボット台帳管理
  • ロボット修理
  • ロボットパフォーマンス改善
  • 定期訪問点検
RPAオペレーションセンター

 お問い合わせ

 お問い合わせはこちら

RPAについてはこちらからお問い合わせください。

 資料ダウンロード

 資料ダウンロードはこちら

サービスやソリューションの資料を提供しています。

 お電話でのお問い合わせ

03-6408-2488

日本サード・パーティ株式会社 マーケティング室