代表挨拶

Connect to the Future ―
イネイブラーとして、お客様の未来を繋ぐ存在に

日本サード・パーティ株式会社(JTP)は、海外のITベンダーの日本進出をサポートする企業として、1987年に創業しました。多くの皆様のご支援を得て、昨年は設立30周年を迎えることができました。

JTPは、創業より、日本市場に参入する海外のITベンダーや、ライフサイエンス分野の機器メーカー向けに「技術サービス」を提供し、テクニカルサポート、ヘルプデスク、トレーニングなどのアウトソーシングサービスを通して、お客様の日本国内における事業成長を支援してまいりました。


そしてこのたび、当社グループは2021年4月1日付で、「日本サード・パーティ」から商号を「JTP株式会社」に変更することを決定いたしました。

新社名は、これまで私たちのお客様から社名ではなく「JTP」さんというブランド名で親しんでいただいたこと、グローバル展開を見据え英語名にしても多くの方に理解していただきやすいことの2点を踏まえ、慣れ親しんだ社名からの変更を決断をしました。


技術は急速に発展し、より社会や日常生活に身近になったことで、実現できることの幅が広がり、お客様の求めるものや思い描く姿も多様化してきています。また、技術の目的も、単純な作業をデジタル化するだけではなく、ビジネスに新しい価値や選択肢をもたらすための手段へと変化しています。

JTPは、お客様が創造したい未来を実現可能にする「イネイブラー」として、お客様の身近な存在として寄り添い、目指していきたいと考えています。
私たちは、お客様のご期待に応えることができる技術力とサービスを提供できるよう、挑戦を続けてまいります。

JTP株式会社
代表取締役社長  森 豊