採用に関する質問

福利厚生に関する質問

  • Q.社宅はありますか?
    A.
    社宅はありませんが、敷金礼金不要の住宅を斡旋しています。
  • Q.JTP会って何ですか?
    A.
    JTP会とは、社員の親睦をはかる為のイベントを企画したり、賞与や昇給の際の社員の代表として参加をしています。全社員が加入しており、毎月の給与からJTP 会費として1,000円を徴収しています。
  • Q.社員の平均年齢は?
    A.
    平均35歳です。

JTPの事業内容に関する質問

  • Q.JTPの「創業理念」「経営理念」とは何ですか?
    A.
    JTPの「創業理念」は、海外ハイテク企業に対して、専門の技術で支援することによって日本市場進出を成功させ、「国際貢献」を果たすことにあります。またその理念を実現させるためにJTPの支援が、「利益の追求」よりも、「正しい行為」であるかどうかに重きを置くことを、その「経営理念」としています。 これを通して、JTPは海外ハイテク企業がもたらす「コンピュータシステム」の「利益と恩恵」が、一般の人々に平等に享受される社会の実現を目指しています。
  • Q.JTPの将来像とは?
    A.
    JTPのあるべき姿として、「創業理念」を実現するためのエンジニアが、海外ベンチャー企業の少量多品種型『先端技術サービス』からビッグカンパニーの『アウトソーシングサービス』に至るまで、最高の技術知識とマルチ対応力で支援するサービス体制を目指しています。
  • Q.JTPの同業他社は?
    A.
    公平中立な「サードパーティ・メンテナンス」事業のみを専門に行う独立型の企業は他にありません。
  • Q.メーカーのサービス会社とどこが違いますか?
    A.
    メーカーのサービス会社はあくまでもメーカーに付属しているものであり、その技術力は自社製品の範囲を出るものではありません。しかし、JTPは競合する日本進出企業への「技術サポート」をはじめとする、メーカーの枠を越えたワールドワイドな「サポートサービス」を展開しています。その実現のため、社員一人一人が、ベンダーライセンスを複数で取得し、その技術知識に支えられたマルチで専門的なサービスを可能にしています。
  • Q.365日24時間サービスとは?
    A.
    サービスの原点として会社設立時より提供している「サービス形態」です。IT時代にふさわしく、様々な社会の仕組みとして「コンピュータシステム」が円滑に機能するための役割をJTP は担っています。 トラブル発生に際しては、「24時間コールセンタ」での受付を手始めに、できる限り短時間で解決し、お客様に満足していただけるサービスを追求しています。

スキルアップに関する質問

  • Q.ライセンスは必要ですか?
    A.
    JTPは技術サポートを主としている会社です。 ライセンスは個人の技術力を客観的にはかるための「ものさし」であり、UNIX、Java、ネットワーク等のライセンスはどのようなところでも通用する武器として考えています。 技術知識の最高峰に位置するライセンスを目指して積極果敢にチャレンジする、それが第一歩です。
  • Q.なぜ、「教育制度」が充実しているのですか?
    A.
    JTPはものを作りません、売りません。社員一人一人の技術力こそが、JTPの最大で唯一の財産であり、社員の成長無くしては会社の成長もないからです。
  • Q.外国語は何を勉強すれば良いですか?
    A.
    まず、世界共通語である「英語」を勉強してください。「英語」の力を判断する為のものとしてJTPでは「TOEIC」を採用しています。
  • Q.海外技術研修はありますか?
    A.
    JTPは海外企業のハイテク機器を扱う会社です。新しい業務毎に海外技術研修の必要性がでてきますので、チャンスはあります。

採用までのフローに関する質問

給与・賞与に関する質問

  • Q.初任給から引落されるのはどんなものがありますか?
    A.
    初任給から健康保険料、厚生年金保険、所得税、雇用保険料、JTP会費(1,000円)が引かれます。 個人差はありますが、自宅から通勤している場合で18万円前後の手取額になります。その他、家賃(会社斡旋の場合)、財形貯蓄、生命保険等も給与天引の対象になります。
  • Q.上記の初任給以外に支給される手当はありますか?
    A.
    通勤手当(定期代)、時間外手当(残業代)、特別ライセンス手当、扶養手当等があります。入社時に会社の推奨するライセンスを取得している場合は、初任給に加えて特別ライセンス手当が支給されます。
  • Q.昇給はありますか?
    A.
    年1回昇給があります。 全員一律の昇給率ではなく、能力成果主義に基づいて考課をおこなっていますが、他にライセンス取得なども大きく影響します。
  • Q.ボーナスは出ますか?
    A.
    年2回、業績に応じて6月と12月に支給されます。入社初年度は12月のみです。
  • Q.性別や学歴で採用や給与に格差はあるのでしょうか?
    A.
    JTPでは性別等による格差はありませんが、努力した方に対しては、きちんと評価し、給与等で反映出来るようにしています。 例えば、本社勤務の新入社員がベンダー認定ライセンスを1つ取得して入社した場合、初任給+ライセンス手当5千円、合計21万3500円となります。ライセンスの難易度に応じて手当の金額も上がっていきます。 このほか、ライセンスとは別にTOEICの成績が優秀な方はTOEIC手当が支給されます。

勤務に関する質問

  • Q.試用期間とは何ですか?
    A.
    広辞苑では、「使用者が労働者を本採用する前に、職務能力・資質・業務的確性の有無を判断するために試みに使用する期間」となっています。JTPでは入社から3ヶ月間を試用期間としており、期間終了を持って正式な採用となります。なお、試用期間中も給与は通常通り支給されます。
  • Q.フレックスカレンダとは何ですか?
    A.
    JTPの1ヶ月は毎月1日から月末までです。その範囲内で、出勤日や休日を社員自身が仕事のスケジュールに合わせて上司に申請し、取得する制度です。前月に次月の「フレックスカレンダ」を作成します。そのため、土曜日、日曜日がいつも休日となるとは限りません。
  • Q.当直勤務があると聞きましたがどのようなことをするのでしょうか?
    A.
    JTPのコールセンタは365日24時間体制でお客様をサポートしています。 当直業務は、コールセンタ部門だけでなく、他部門のメンバーとともにローテーションで担当しています。当直勤務明けの日は原則休日となります。もちろん、夜間当直手当は支給されます。
  • Q.骨髄バンクにドナー登録しています。
    A.
    社員の社会貢献活動を支援することを目的に、JTPではドナー休暇制度を設けています。骨髄移植に伴う入院や通院に要する期間は、ドナー休暇の取得が可能です。
  • Q.出産後も仕事は続けられますか?
    A.
    JTPには、出産後も子育てをしながら活躍している社員が多く働いています。復職後もお子さんが10歳になるまでは、「育児短時間勤務」制度が利用できます。