内部不正リスクの高いユーザーを素早く特定。
迅速な対応により、情報漏えいを防ぎ、ユーザーと組織を保護。

Proofpoint ITM(Proofpoint Insider Threat Management、旧 ObserveIT)は、米国プルーフポイント社が提供する内部脅威対策のためのソフトウェア製品です。Proofpoint ITMは、ユーザーの行動をスクリーンショット(画像)とメタデータ(テキスト)で記録し、独自のアルゴリズムでリアルタイムに分析・スコアリングすることで、ユーザーの内部不正リスクを可視化。これにより、リスクの高いユーザーに対してプロアクティブな対応が可能となり重大なインシデント発生を未然に防ぐことができます。また、インシデント発生時には、記録したユーザーの行動と分析結果をもとに迅速かつ効率的な調査とレポーティングが可能となります。

内部不正による情報漏えいリスク

内部不正による情報漏えいリスク

情報漏えいの件数は、近年、減少傾向にありますが、個人情報の取り扱いを中心に世界各国で法規制が強化されており、違反による罰則が厳罰化しています。そのため、漏えい一件あたりの賠償額は増加傾向にあり、社会的信用の失墜も含めた経営へのインパクトは計り知れません。IPAのレポートによると、「内部不正による情報漏えいリスク」は組織にとって大きな脅威となっており、不正の抑止と迅速な事故対応が可能な環境整備が重要です。(独立行政法人情報処理推進機構(IPA)「情報セキュリティ10大脅威 2021」)

Proofpoint ITMの主な特徴

リスクの可視化

リスクの可視化

証跡として記録したユーザーの行動を独自のアルゴリズムで分析・スコアリングし、内部不正リスクの高いユーザーを特定します。

プロアクティブな対応

プロアクティブな対応

リスクの高い行動を検知した際、ユーザーへのアラート表示などを通して重大なインシデントを未然に防ぎます。

軽量なエージェント

軽量なエージェント

容易に展開可能なエンドポイント エージェントは非常に軽量なため、ユーザーの生産性を損ないません。

インシデント管理の効率化

インシデント管理の効率化

高度な分析機能とシンプルなユーザーインターフェースにより、インシデント発生時の迅速な対応やレポーティングが可能です。

ユーザーリスクダッシュボード

ユーザーリスクダッシュボード